もうン十年同じメイク⁇ 今さら聞けない、眉の正しい書き方

作者: ヒメノワ
  2017/9/24 更新

こんにちは。パーソナルスタイリストのRieです。
個人のお客様を対象にメイク・美容からファッションまで、トータルアドバイスを行っています。

さて、みなさんは自分の眉に自信ありますか?
眉はお顔のイメージを1番左右するといっても過言ではありません。
でも、メイクの中でも特に難しいパーツなので、悩んでいる方も多いのです。
そこで今回は、トレンドも意識した眉の正しい書き方をご紹介します。
さりげなく「今」仕様の自分の顔にチェンジしちゃいましょう!

眉の特徴

眉はお顔のイメージを決定づける重要なパーツ
色の濃淡や、眉山の位置の僅かなズレで、お顔立ちの美しさが大きく変わります。
トレンドがあり、形が大きく変わるのも特徴です。

2017年の眉のトレンド

ふんわり太眉+アーチ型
女性らしい柔らかなお顔立ちが旬なので、眉の形も直線から曲線へシフトしています。
普通の茶色に加えて、赤茶やグレーなどのカラーアイブロウアイテムが豊富に出ているのも今年の特徴です。
10~20代に細眉ブームを経験したヒメノワ世代には、太眉に苦手意識のある人も多いのではないでしょうか?
眉には時代が大きく反映されるので、そのままでは古くさい印象に・・・。
ふんわり太めの眉で、旬のほんわかフェイスを作りましょう。

まずは、自分の眉を観察してみましょう

眉が、どう生えているか知っていますか?
毛流れを意識しながら、観察してみましょう。
2201709181557230.jpg
 眉頭の毛は上向き、毛量は少ないです。
 眉頭から眉山は、上向きと下向きの毛が集まった中央が少し濃くなります。
 中央から眉尻は、毛は下向き、毛量は徐々にまばらになります。

この特徴を意識しながら、眉を描いていきましょう!

必要なアイテム

① パウダーアイブロウ(コンパクトタイプ)
② ブラシ(とかす用/描く用)
③ 眉用ハサミ
④ 眉マスカラ
⑤ アイブロウペンシル

■KATE アイブロウシリーズ
大人気のKATEのアイブロウシリーズ。
コンパクトには、「細/太」どちらも使えるブラシがついているので、太眉も描きやすいです!
眉マスカラも4色も展開しているので選びやすいことも魅力です。

■アディクション アイブロウブラシ
先端が斜めにカットされた定番の形の中でも、幅広で太眉も描きやすいオススメの1本。
平筆なので、使う向きによって細いラインも簡単に描けます。

眉の色

黒髪の方も、眉まで黒くするのはお顔立ちがキツくなるのでNG。
茶色に抵抗がある方へはグレーがおススメ。
ポイントは、極力薄い色を使い徐々に調整すること!

ついつい濃くなって、眉ばかり目立ってしまうのはありがちな失敗。
毛がある部分には、あまり色を乗せる必要がないので薄い色を使い、足りない部分にのみ徐々に色を足していくのが成功の秘訣です。

いよいよ描き方

眉の太さは、目の縦幅の半分~2/3くらい。※図A
丸く大きな目は眉も太めに、切れ長や小さな目は、やや細めにするとバランスが取れます。

眉山の位置は、黒目のフレームの上~白目の半分くらいに。 ※図B
眉頭の位置は、ヌケ感を出すならあまり低くせず、眉と眉の間も広めにとると、お顔は優しくなります。
高すぎると困り眉になってしまうので注意して。
2201709181558360.png
① コームや、スクリューブラシで毛流れを整えます。
作りたい眉の形をしっかりイメージして、書き足す場所や、濃さを確認します。
曲線のラインを作りたいので、眉頭から眉山に向かって上向きに、眉山からは下向きに曲線を描きます。※図C

② パウダーアイブロウを使用して、眉頭から描いていきます。
が、中央までは毛に逆らって、中央からは毛流れと同じ向きに毛の間を埋めていくイメージで描いていきます。
平筆や、シャドウ用の筆やチップを使います。 ※図D

③ 毛の少ない部分は濃い色を混ぜながら描きます。
眉山の位置までは同じ太さで、眉尻に向かって徐々に細くなるようにカーブを描きます。
平筆の側面か、ペンシルを使います。
眉尻の位置は、小鼻と目尻の延長線上です。※図E

④ はみ出た余分な毛をカットします。
描いてから切ると失敗がありません。

⑤ 眉マスカラは塗ってしまうと、パウダーが乗らなくなるので最後に。
地肌につかないように気を付けて、毛を逆立てる様にして塗ります。
いかがでしたか? 眉を変えるだけで、手軽に旬の顔になれます♪
最初は難しいかもしれませんが、「メイクは習うより、慣れろ」
練習すればするほど上手になります。

ぜひ、お試しください!
2201709181559360.jpg