離婚が決まった!! 離婚直後に恋に落ちる女性たち

  2017/9/28 更新

離婚が決まった!
となったとき、生活はどうする? 住まいは? 仕事は? あらゆる不安が渦巻きます。
しかし実は、一番悩んでいたのは今後の生活よりセックスでした。
生活は働けば何とかなりますが、セックスは相手がいないと・・・・

私はもう一生セックスできないのでは、という焦り

離婚するくらいなので、当然、夫婦生活はありませんし、したい気持ちなんて全くなし。
が、相手が目の前に存在するのかしないのかでは心持ちが違うのです。

離婚の時点ですでに40歳。
この年齢でいまさら新たな男性と付き合えるのか。そもそも見つかるのか。
もう私は誰とも付き合えないのではないか。
一生、抱きしめられたり、キスしたり、セックスできないのではないか。

頭の中をグルグルまわります。
本を読んでいて、ほんのちょっとした性的な表現を見つけて妙に興奮してしまい、私は欲求不満か!?と自分でツッコミをいれたりして。
普段はそこまで考えていなかったのですが、いざその立場に置かれると、私は今後女としての性が薄れてなくなっていくのかもしれないという危機感がありました。

離婚した直後に、彼氏はできる

結論から。意外とあっけなく相手は見つかるもんです。
一年ほどで再婚するバツイチ女性が周囲には多かったのですが、皆さん同じような状況だったようです。

とにかくそばにパートナーがほしいんです。
前の夫にまったく未練はないけれど、自分の横の空いたスペースを何とか埋めたいんです。
目の前に出てきた男性とちょっときっかけがあれば一気に間を詰めます。

出会った男性には積極的にアプローチを行う。これまでお断りしていた飲み会も参加する。
視線は目は男性の左手薬指を絶えずチェック! あ、指輪してない、どうかな・・・?
と狙いを定めるわけですね。

そうしてできた久しぶりの彼氏。
忘れていた20代のころの感覚が一気によみがえるんです。ちょっと手を握ってみたり、ハグしたりキスしたり。
仕事していればお金は持ってます。なので、しょっちゅう二人で旅行に行くとか。

新しい彼と付き合ううちに、精神は安定してきて、身体にも変化が出てきました。
筆者の場合は生理の経血の量でした。

結婚生活最後の1年間(今はもう思い出したくない暗黒の時期)の生理はびっくりするくらい軽かったのです。
以前よりナプキンの買い替えの頻度が極端に減って、あれ?この前買ったのいつだっけ?という状態になっていました。
このまま閉経するのねー、なんてさみしく思っておりました。

ですが、新たな恋愛で量は元どおり。正直めんどう(笑)。
一方で、「私、女にもどったんだ」といううれしさをかみしめていました。
おそらく女性ホルモンが、彼氏ができたことで増えたのでしょうね。

目の前の人に飛びついただけ

しかし、新しい恋人とは長続きしませんでした。

最初のうちは蜜月でしたが、だんだんと自分が冷静さを取り戻すと、お互いの価値観の相違が見えてきます。
どうしても相手の不満な点が見えてきます。
不満を受け入れることができたら、再婚だったのですが、そうではないと別れを選びます。
ぽっかり空いた空白を埋めるための存在だったのでしょう。

長続きこそしなかったのですが、恋人ができたことは、女性としての自分を取り戻すブースターとなりました。
自分が新たな「おひとりさま」の道を歩むための、一つのきっかけだったと思います。
その彼に感謝しなけらばならないですね。


著者 ほんとのヒメノワ