「足組み」は下品な女と思われる!

作者: ヒメノワ
  2017/9/21 更新

2201706250923100.jpg
こんにちは。マナー講師の篠原あかねです。

一人分の食事を作るのは面倒くさい、
食材を買っても結局腐らせて捨てることになりもったいない。

料理をする時間は、仕事や趣味に充てたいという理由から、外食生活が中心の私。
毎日いろいろな飲食店で食事をしていますが、仕事柄まず目がいくのは店員さんの接客です。
目配り、気配りの有無や動線、店員さん同士のコミュニケーションなど店内の様子を観察しながら料理を待ちます。
ちょっとイヤな客ですね。

そして私の視線は、店員さんだけではありません。食事をしている人にも・・・。
さらにイヤな客ですね!

食事のマナー NGは「足組み」

食事のマナーは人によってチェックポイントは違うと思いますが、私が気になるのは足組みなのです。
お世辞にも足が長いとは言えない男性が、かろうじて膝上に反対の足をチョコンと乗せて食べている姿を見ると
「短い足を下ろしてちゃんと食べろ!」と心の中でツッコミを入れてしまいます。

男性の足組みもさることながら、女性の足組みを見た瞬間は、どんな美人でも一気に「下品な女」に見えてしまいます。

足組みがNGの理由とは?

その理由は、

(1)姿勢が悪い。足を交差させていますので、座り姿に歪みがでます。
さらに、上半身は背もたれに寄りかかるか、前のめりの猫背になることが多く、横柄でだらしない印象に見えます。

(2)靴を中途半端に脱いでいる人が多い。
確かに気持ちはわかります!パンプスやヒールの高い靴を履くと足が疲れるので、隙あらば脱いで足を解放したいですよね。
しかし、つま先に靴をブラブラさせながら食事をしている風景は、どうにも不衛生で落ち着きがなく見えます。

(3)昔からの言い伝え。諸説ありますが、欧米では女性が足組みをして食事をすること=夜のお誘いOKのサインという言い伝えがありました。
確かに洋画でもそのような場面を目にしたことが何回もあります。

このような理由から「下品な女」と感じてしまうわけです。

特に食事は、人間の本能である生理的欲求を満たす時間でもあります。食事中は無防備になりがちで本性が出やすくなります。

いくらテーブルの上で取り繕って「上品な女」を気取っていても、テーブルの下では本性をさらけ出している危険があるのです。
残念ながら、自分でテーブルの下はあまり見ませんが、周囲からは丸見え状態です。

姿勢の良くシャキッとしたアラフォー、アラフィフ女性を目指す

2201706250928170.jpg
メイクもヘアスタイルも、そして服装も気合いを入れることができるヒメノワ世代。
当然ながら体型も気になります。
足組みは骨盤が歪み、体幹が崩れます。

そして何よりも正しい姿勢をするとダイエット効果があることは皆さんご存知のとおり。
正しい姿勢はお腹の筋肉を使うため、エネルギーが燃焼します。
姿勢のキレイな人はスタイルが良いと思いませんか?
姿勢をよくする習慣づけをするだけで、無理なく痩せられるなんて多忙な私たちにピッタリ!


輝くことに貪欲な私たちだからこそ、姿勢は正面から見ても横から見てもまっすぐに、
足はスッとおろしてつま先は揃えることで、ひとつ上をいく「上品な女」として周囲を魅了させてしまいましょう。

スマートコミュニケーションズ株式会社 代表取締役 篠原あかね