不倫からの解放 芙美さんの新しい恋

  2018/10/18
シェア ツイート 送る

フリーのWebデザイナーとして忙しく働いているアラフォーの芙美さん。彼女がITコンサルタントの50代男性と不倫の恋に落ちたのはヒメノワでご紹介済みですが、今回はその後のおはなし。芙美さん、新しい彼氏とお付き合いを始めたのです。


「自分がこんなにも相手を愛せるなんてびっくりしています!」


久しぶりにお会いした芙美さんからの冒頭の一言。芙美さんは興奮で話が止まりません。話はあっちこっちに飛びながら語ってもらいました。

今の彼は私のマンションに泊まるし、休みの日は終日デートします

2201810161754370.png
不倫からの解放 芙美さんの新しい恋
不倫の呪縛

以前の彼は既婚者でしたから、彼とデートするにも人目や時間をしきりと気にしていました。二人で会うのは私のマンションがほとんど。外出はほとんどありませんでした。部屋で食事して、お酒を飲んで、彼が遅くにひとりで帰っていくというデートが週に1~2日ほど続きました。彼が帰った後、部屋を軽く片付けて私も眠りにつくのですが、やはりわびしいですよ。まだ彼の香りやぬくもりが残っているベッドに入るんです。


おんなひとりへのお声がけ

それと、彼が家庭に戻る土日はフリーランスで仕事があるのがむしろ助かりました。作業に没頭して彼を忘れることができました。もし会社勤めだったら何をしてよいのかわからなかったでしょうね。そうそう、「おひとりさま」は慣れましたよ。一人で旅行に行ったり、登山したり、自転車買ってサイクリングとか。それと早めの時間から近所の居酒屋で飲んだり。おんなひとりだから、周りから声がかかるんですよね。たわいもない会話をしながら時間をつぶしていましたね。


休日のおひとりさまのさみしさ

新しい彼と付き合って、初めて分かったのは、夜に相手が先に帰ってしまうわびしさとか、休日のおひとりさまのさみしさです。前の彼と付き合っていたころは、全く気にならなかったんですよ。ひとりで居酒屋行くなんて、私もオトナになったなあ、なんて思っていたくらいですね(笑)。


中学生の初恋のような感覚が

今の彼は私のマンションに泊まるし、休みの日は終日デートします。恋人なら当たり前のことなんですが、これがものすごく楽しいんですよね。40歳過ぎて、中学生の初恋のような感覚に襲われています。近所のバーでは、二人でたわいもない話で一晩中盛り上がって、店員や周りのお客様からお似合いのカップルですね~なんて言われて、二人で爆笑して。そして他のお客様もまきこんで盛り上がったりして。

もう、今が楽しくて仕方ないです。彼を大事にしたいと思っています

2201810161754570.png
不倫からの解放 芙美さんの新しい恋
なんとか週に1回は会って

あ、新しい彼は、私と同じフリーランスのプログラマーで、バツイチです。ある会社のプロジェクトで彼と一緒に仕事をしたのがきっかけで付き合い始めました。彼も私と同じように仕事が不規則なので、お互いの日程を調整するのが大変ですが、なんとか週に1回は会っています。あとはラインでこまめにやりとりをしています。仕事はどう? とか、おはようとかお休みとかのあいさつとか。ほんとにたわいもないことです。向こうから連絡が来ることもあるし、私からメッセージを送ることがあります。


前の彼の場合は、仕事以外で私から連絡を取ることはなかった

そうそう、前の彼の場合は、仕事以外で私から連絡を取ることはなかったんですよ。なんだか罪悪感というか…。向こうがまめにラインで連絡してきて、私が返信するのがほとんどでした。未婚者の私から既婚者の彼を誘うのもよくないと考えていましたね。万が一、彼の奥様にばれた時に私から一切誘っていません!という言い訳ができるかと思っていました。今、思えば一線超えた時点でアウトですよね(笑)。


これで解放された

そうそう、彼が他の女性と親密になっていることが分かった時点で、振られたショックよりも「これで解放された!」という感情が強かったのを思い出しました。


彼の手や横顔をずーっと眺めているのも好き

今の彼と付き合っていると、自分の中にあった愛情のブロックがどんどん外れていくのを感じています。私から彼に好きなことを伝えたり、デートに誘ったり。彼の手や横顔をずーっと眺めているのも好きで、彼と過ごしている時間があっという間に過ぎていきます。


もう、今が楽しくて仕方ないですよ。彼を大事にしたいと思っています。


と、芙美さんは、にこにこと語ってくれたのでした。
2201710302001350.png

シェア ツイート 送る

おすすめのinformation