いても立ってもいられない 働く女性の「麻薬」

  2018/6/29
シェア ツイート 送る

アラフォーの百合さんは、結婚して10年目。


ご主人と二人で共働きという環境です。子供がいない百合さんは、仕事に一生懸命打ち込んでいます。先日、新しく創設された部署の管理職に昇進しました。会社の期待を一身に受けて、百合さんはやりがいを感じていました。


ですが、仕事は百合さんが思っている以上にきつかったのです。


経営陣からのプレッシャー、慣れない仕事から来る顧客の苦情対応、部下からの意見具申など、これまでの会社人生で全く経験のない事柄が次々に百合さんを襲いかかります。


当然ながら連日深夜残業、場合によっては休日も仕事を持ち込んで自宅で作業です。


百合さんのご主人も同世代であり、別の職場で激務をこなしています。二人そろって終電というのもよくあることです。お互い疲れた顔をしてますから、お互いへの気遣いなんてできません。夫婦の会話はほとんどない状態が続いていました。

物静かなタイプのヒトシさんと

2201806271240500.png
いても立ってもいられない 働く女性の「麻薬」
ある日、百合さんは会社の同期との飲み会に出席しました。隣に座ったのは同期のヒトシさん。他部署の課長であり、百合さんの部署の事情もよくご存知です。お酒の勢いもあったのでしょうか。百合さんはヒトシさんに普段の仕事の愚痴を繰り出していました。


物静かなタイプのヒトシさんは、百合さんの話をうんうんとうなずいて聞いてくれました。そして場合によっては「それは考えが甘いよ」「XX部長の言うことももっともだよな」などと、百合さんに耳が痛いことをさらっと指摘します。


ご主人から何かを指摘されるのは嫌いな百合さんですが、ヒトシさんの指摘は素直に聞き入れることができます。ヒトシさんは百合さんの仕事について背景をよく知っているからですね。


その日は気持ちよく飲んで別れたのですが、2週間後に百合さんはヒトシさんと二人で飲むことになったのです。仕事の打ち合わせで同席して、帰りが一緒になったことから、自然と「飲みに行こうか」という流れになったのでした。


当初はともに仕事をする同期、という立場だったのですが、お酒が進むにつれて、何となく好意感が湧き出ていました。そしてお店を出たところで、キス。


3日後に二人はまた飲むことになり、最後は男女の関係になったのでした。

バツイチで一人暮らしのヒトシさんに

2201806271240210.png
いても立ってもいられない 働く女性の「麻薬」
さて、ヒトシさんはバツイチで一人暮らしです。会社から30分程度のマンションに暮らしています。


週末、百合さんはご主人に「仕事が溜まってるから、会社に行くわ」と伝えて、ヒトシさんのマンションに向かいました。もちろん仕事なんてしないんですけどね。平日もあれだけ残業続きだったのですが、ヒトシさんと会う夜は、定時で仕事を終わらせて、ヒトシさんのもとへ駆けつけます。


百合さんに歯止めはかかりません。頭の仲はヒトシさんのことでいっぱいです。ご主人は相変わらず帰りが遅く、疲れた様子です。同じく帰宅が遅い百合さんは、どことなくウキウキとした表情をみせています。


ご主人にばれるのも、時間の問題かもしれません。


百合さんは離婚だけは避けたいと考えています。ヒトシさんからは、自分は気楽な一人暮らしが性に合っているから、と常々言われています。


一方で、ヒトシさんとの関係が始まってから、あれだけつらかった仕事にハリが出て打ち込めるようになったのも事実です。仕事の愚痴をヒトシさんに伝えて、ヒトシさんが共感したり。場合によっては……反論したり。


また、ヒトシさんが会社で成果を上げていて、百合さんにその知見を惜しむことなく披露するのです。


ヒトシさんとの逢瀬が重なるたびに、新たな知識が増えていく百合さん。実際にヒトシさんの話を仕事に反映させ、その結果百合さんの実績になるのです。百合さんは自分自身が成長しているのを感じています。


もう一つ大切なのは、ヒトシさんから女性として扱われているということ。お互いに忙しすぎて、ご主人と夜の関係はなかった百合さん。ヒトシさんと身体を重ね、自分にこれだけの性欲があったことに驚いています。

まるで「麻薬」のよう……ヒトシさんと会うたびに

2201806271241130.png
いても立ってもいられない 働く女性の「麻薬」
ヒトシさんと会うたびに、百合さんはご主人への罪悪感が出てきます。


また、もしもばれたらどうしようという恐れも常に抱いています。


ですが、止まらないのです。ヒトシさんと会うのは麻薬になっているのです。


そして、週末になると百合さんはご主人に「仕事が……終わらなくて」と伝えて、うきうきと家を出るのです。
2201710302001350.png
ホームページ制作は中小企業診断士にお任せ

シェア ツイート 送る

おすすめのinformation

2201710311508230.png
40歳をとうに過ぎていて、おばさんと呼ばれる世代ですが・・・。彼の指先がほんの少し、肩に触れた。すれ...
恋愛
№302 - 2017/10/31