今どきの漢方ライフを【5選】美容ケアからボディメンテナンスまで。

  2018/4/13

薬膳アニュの竹尾.由美子です。

漢方は不調を治すだけでなく、東洋美容ケアとしても認知される時代になってきました。今回は身近にある今どきの漢方ライフを5つのカテゴリーに分けてご案内いたします。

フォトジェニックで美味しい漢方ジュースバー

2201804100807440.png
今どきの漢方ライフを【5選】美容ケアからボディメンテナンスまで。
1つ目は、日本薬科大学&銀座農園コンセプトショップとして昨年、銀座一丁目にオープンしたばかりのドリンクスタンド「ファーマシーズ銀座」

ここは体内浄化や栄養補給の感覚で選べる漢方ジュースが揃っています。例えば、飲み会の前におすすめなのは「ドランカー」。消化促進パワーに優れた山査子、鬱金が悪酔いを防いでくれます。また飲みすぎちゃった場合には葛花、陳皮入りの「リカバリー」が早めに巡りをよくしてカラダを癒してくれます。

メンテナンスができるメニューは10種類以上あり、ルックスは都会の真ん中らしくソフトドリンクやカクテル風で登場します。気になる症状や美容目的にあわせた野菜、生薬、西洋ハーブのミックスが1杯450円~800円。苦い~なんてことはなく、カジュアルに飲めます。

フリーWi-Fiや電源も利用できるので、スマホの充電やPC作業をしながら漢方ジュースを飲めるのでアクティブな女性に人気のお店です。


ファーマシーズ銀座
https://farmacys.jp/

プチプラなのに本格的!セルフ式の漢方カフェ。

2201804100808060.png
今どきの漢方ライフを【5選】美容ケアからボディメンテナンスまで。
2つ目は、全国に展開する漢方カフェ「KAMPO煎専堂」


気軽に漢方を!のコンセプトで悩みに合せた漢方が、全24種類オール350円とお手頃な値段。本格的な漢方を煎じて出来立てを飲むので、味の違いや香りを感じられる漢方カフェです。

選びやすいように便秘、肩こり、疲れ、冷え、むくみ、肥満、不眠などカテゴリー別になっていますが、自分にぴったりなドリンクを見つけるためには、まずはソムリエスタッフに相談しながら体質・症状に合わせて選びましょう。

例えば日ごろの疲れを癒す入浴剤を選ぶような感覚で、香りや効能などを聞いてみてください。仲良くなれば、漢方薬の名前や配合されている生薬の知識も自然に増えていきます。

選んだ漢方はティーバッグ式になっているので、セルフで店内スペースにある電子レンジとポットを使って5分間煎じれば出来上がり。もちろん自宅用にも購入することもできます。自分にあう漢方をマイペースで見つけたい。体調変化に合わせて選びたい。そんな女性に人気のお店です。


全国の漢方カフェ加盟店「KAMPO煎専堂」
http://www.kampo-bar.com/

頼れるマイカウンセラーな漢方専門店と漢方薬局

2201804100808300.png
今どきの漢方ライフを【5選】美容ケアからボディメンテナンスまで。
3つ目は、全国の百貨店内で展開をしている「ニホンドウ漢方ブティック」

漢方相談の専任担当制を導入しているので丁寧に向き合って悩みを聞いてくれます。


はじめて相談をする時は、生活習慣や舌チェック、具体的な気になる症状を確認しながら「健康カード」を作成するのでカウンセリング時間に20分前後はかかります。相談結果をもとに漢方薬を選んでくれますが、一定期間は飲んで改善を目指すため、全体にかかるお値段は高めです。


・ティーバック式煎じ薬:1日432円~864円
・漢方エキス粉薬は1日:324円~756円
・漢方エキス錠剤は1日:162円~270円


他にも漢方をベースにした健康茶、スキンケア、ボディケア商品も充実しているので、ナチュラル志向の女性に人気でお洒落な漢方専門店です。


薬日本堂株式会社
https://www.nihondo.co.jp/


4つ目は中医学、漢方、薬膳を生活にとりいれている女性に人気がある漢方薬局店。

漢方薬局へ行くのはハードルが高そうに感じる人も多いと思いますが、専門家のアドバイスを受ける時に、自分と波長があうかを見極めることができれば、トータル的に心強い味方になってくれます。

相性のよい専門家を探すコツは、ネットでスタッフのプロフィール欄を確認したり、実際の人柄にふれるために薬局開催の東洋医学無料セミナーなどにも参加して安心感を確保してください。自分を預けられる存在が見つかれば心の余裕にもつながります。


●漢方のイスクラ薬局:http://www.ikanpo.jp/
●漢方東西薬局:https://tozai-yakkyoku.com/

相談から購入までは、上記の漢方専門店と同じ流れです。

「病院がいい」の場合は東洋医学をメインにするクリニックへ

2201804100808470.png
今どきの漢方ライフを【5選】美容ケアからボディメンテナンスまで。
5つ目は東洋医学、漢方診療で漢方薬を処方するクリニック。

検査に異常がないのに体調不良が続いている、不定愁訴が辛い、西洋薬を長く飲むのは副作用が怖い。そんな時に東洋医学の治療を試みてはいかがでしょうか。

漢方クリニックは病気に対するアプローチが西洋クリニックと異なります。病名で診断するだけでなく、独特の診断法で個人の体質、病気の状態を見きわめたオーダーメードの治療をしてくれます。


漢方の独特な診断法
【望診】顔色、皮膚の色、舌の様子
【聞診】声、呼吸、におい
【問診】体質傾向、月経、睡眠、生活習慣など
【切診】脈診、腹診など


ネットで病院の検索するときは下記を参考にお願いします。
【漢方外来 地区名】【漢方クリニック 地区名】【東洋医学 地区名】

また処方される漢方薬が、保険適応と適応しない場合もあるので、ホームページで調べて自分にあうクリニックを見つけましょう。

誰もが持っている「自然治癒力」を高めながら体を整える漢方ライフ。

リズム良く健康的に暮らせるように、働く女性の健康管理のひとつとしてお役立てください。

※記事内容は執筆時点でのものです。最新の内容をご確認ください。

薬膳アニュ
http://yakuzen-anu.jp/


2201710302001350.png

おすすめのinformation