自営業の罠!「一人ブラック」を避けるためには

  2018/4/11
シェア ツイート 送る

こんにちは。
株会社オージュ・コンサルティング代表取締役 大森渚です。

これって一人ブラック?

2201710311510270.png
ビジネスの荒波の中、もがいて、もまれる私たち。40歳を過ぎたころから、目上の人にはしなやかに、したたかにかわして自分を守る。でも譲れない一線はしっかりと守り、時として一目をはばからずに表現する術を身につけてきた。この先も長く働き続けるためのヒントを詰め込んだジャンルです。
やっと手に入れた好きな仕事。


好きこそものの上手なれ、とはよく言ったもので、
夢中になって仕事をしているうちにどんどん仕事は増えていくものです。


でも、仕事が多すぎて苦しくなる時もある。
仕事量と収入が見合わなければなおさらのこと。


「えっ、これって一人ブラック?」


私にもありました。


朝起きたら働き、
化粧する時間も食事する時間もなく、
(たまにお風呂に入る時間もなく)
働きながら机に突っ伏して寝る。
でも入ってくるお金は…
これだけ?
という時代が。
(今でも前半部分はたまにある)


ということで、自分自身の反省も踏まえ、
自営業者が「一人ブラック企業」を避けて通るためにはどうすればいいかについて考えてみます。

仕事とお金の関係

220180409220345.png
自営業の罠!「一人ブラック」を避けるためには
仕事とお金の関係をものすごく単純化すると、このような要素に分けることができます。


1)仕事のイン(つまり受注)

2)仕事のアウト(つまり納品)

3)仕事のインとアウトの間(つまり提供するものを作り上げるまでの過程)


a)お金のイン(つまり入金)

b)お金のアウト(つまり支払い、給与の支払いも含む)

c)お金のインとアウトの間(入金してから支払いにいたるまで、あるいはその逆)


「ブラック企業」という言葉を使う時、「仕事量が多い割にはお給料が安い会社」を想定しますよね。「仕事量が多い割にはお給料が安い」ってこの6つの要素のバランスが崩れて生じる現象だと思うんです。


適切な受注数があって、適切な人員がいて、適切な価格設定で、適切なお給料が払われていれば、誰も文句は言わないわけです。

ブラック化は「仕事が急に増える」ことから始まる

2201804030547440.png
自営業の罠!「一人ブラック」を避けるためには
中小企業がブラック企業になってしまうパターンって、このようなことが多いのではないでしょうか。


1)何かの理由で仕事が急に増える
  ↓
2)従業員を増やさなくちゃ。
  ↓
3)仕事の量が減る(つまり元どおりになる)
  ↓
4)まいったな。従業員は多いのに仕事がないぞ。
  ↓
5)そうだ!営業を頑張るしかない。
  ↓
6)なかなか受注が取れないな。値段を安くするしかないかな…
  ↓
7)仕事の量は多いけど給料は払えない…
↓  
・・・・・・・・


みなさんの身の回りにこのような会社、あるのではないでしょうか?このような会社で働いている社員さんは本当に気の毒です。


そして、自営業者が「一人ブラック企業」になってしまうパターンはこんな感じですね。


1)何かの理由で仕事が急に増える

2)不眠不休で頑張るしかない!

3)仕事が雑になる

4)低価格の仕事しか来なくなる

5)それでも断れなくなる(断る判断力が無くなっている…)

6)さらに仕事が増える

7)不眠不休で頑張るしかない!

・・・・・・・


もちろん例外もたくさんあると思いますが…中小企業であっても自営業者であっても、「仕事が急に増えること」が「仕事量が多い割には収入が少ない」、つまりブラック化の引き金になることが多いのではないでしょうか。。

仕事が増えた時に頼める先を確保しておく

2201804030548010.png
自営業の罠!「一人ブラック」を避けるためには
仕事が急に増えた時。そこでの選択肢は、「仕事を断るか」「どうにかして仕事を受けるか」しかありません。


まず、「仕事を断る」。これが意外と難儀なんです。


良い仕事が5あって、良くない仕事が5だったら、良くない仕事を断ればいい。でも、良い仕事が10来てしまったら……何としてでも受けたいですよね。そうして、「どうにかして仕事を受ける」という選択をすることになるのですが……そこで大切なのは、無理をしないこと。


無理に従業員を増やしたり、自分が無理をして体を壊したりしない。無理をしないためには、仕事が増えた時に頼める先を確保しておくことが重要です。専門的な業務なら外注やアウトソーシングを考える。


そこまで専門的でない業務なら、臨時で頼める先がないか考えてみる、家族や親戚はもちろんのこと、退職した従業員(フリーランスや子育て中の方ならなおよし)、学生時代の後輩、地元の仲間、近所の大学の学生、何なら知り合いの会社の社員さんに出向してもらう、信頼できる派遣会社を探しておく…対面での指示が必要ないなら、クラウドソーシングを利用してもいいかもしれません。


このような選択肢を持っていないことで悪循環に陥ってしまうケース、結構多いのではないでしょうか?


自営業者が、経営者が、社員さんたちが、これからも幸せに働いていくために、仕事が増えた時に頼める先を事前に確保しておくことを本気でおすすめします。

TODOリストの……その先は

2201804030548200.png
自営業の罠!「一人ブラック」を避けるためには
さて当の私ですが、現在超繁忙期の渦中にいます。


びっしり埋まったTODOリスト。


自分がやらなくてはいけないことの多さを考えるとゲンナリしますが、一つ一つの仕事が誰に届くのか、そしてどんな価値を生み出すのかを考えると、少し明るい気分になってきます。

一つ一つが大事な人たちにお届けする、大事な仕事。
だから、マイナスな気持ちで臨みたくない。


そのために、私自身も「一人ブラック企業」を避ける努力をしていこうと思います。


株会社オージュ・コンサルティング代表取締役 大森 渚
2201710302001350.png

シェア ツイート 送る

おすすめのinformation

2201710311510270.png
ビジネスの荒波の中、もがいて、もまれる私たち。40歳を過ぎたころから、目上の人にはしなやかに、した...