アラフォー・ファッションふらふら その2 ~おしゃれ百貨店を前に敗れ去る~

  2018/1/25

こんにちは。ヒメノワ編集長の庄司桃子です。


近頃、似たようなスーツとボトムとインナーという、コンサバで無難な組み合わせに飽きてきました。


筆者は週に1回ほど都内で仕事をしているのですが、丸の内から有楽町にかけて闊歩する女性たちがまぶしい。特に丸の内の女性たちは目も開けられないくらいキラキラしています。個人的には日本有数のオトナ女性のオシャレ地域と考えています。


彼女たちに決して引けを取らないオシャレがしたい!と思いついたわけです。

勤務帰りに某おしゃれ百貨店に立ち寄る

2201710311509220.png
クライアントの前で失礼がないビジネスライク。でも大人女性の持つ華やかさや流行を取り入れたい。財布だけではなく書類やPCを担いで一日外を回っている。働く女性のファッションにはたくさんの条件があるのです。条件をクリアしてかつ華やかなファッションについて語るジャンルです。
ということで、有楽町にある某おしゃれ百貨店に久しぶりに足を踏み入れました。とくに購入するアイテムを決めていたわけでではなく、「おしゃれなカッコしたいなあ」。その程度の動機です。


久しぶりに入ったこちらの百貨店。3階をうろつきます。


カジュアルライクなディスプレイが目立ち、自分の持つイメージ(颯爽と仕事するおしゃれ40代)とはなんだか異なるようです。何となくショップをうろつき、商品を手に取ります。


好みのワンピースを発見!


色は紺色、花柄で、ウエストで切り替えがあって、きれいなAラインのワンピース。手持ちのピンクベージュのジャケットと合わせたら素敵かも。

早速試着して、後悔

220180122173304.png
アラフォー・ファッションふらふら その2 ~おしゃれ百貨店を前に敗れ去る~ ヒメノワ
スカートの丈が膝上とやや短い。


タイツをはいているとはいえ、自分が抵抗感を感じる程度に足を出している、と感じます。というか、鏡に映る自分が見苦しい。


さらに花柄の上に乗った自分の顔がやたらと老けて見えるのです。試着室の鏡に映る自分の姿を見てとにかくボーゼンとしておりました。


試着室の外からショップのスタッフが「お客様いかがですか~」と声をかけます。


スタッフは「あー。おサイズもぴったりですねえ」とおほめの言葉をいただきます。


いや、確かにサイズはあってるけど・・・。


手持ちに類似したデザインのジャケットもついでに試着させてもらいますが・・・。


「あー、すみません、ちょっとイメージが違ったので・・・」。そそくさと、ショップから遠ざかりました。もう二度と行けないなあ、あのショップ。

店内を見渡すと、来店しているお客様がどう見ても自分より10歳は若いことに改めて気が付きました。お勤め帰りと思われるアラサーの女性たち。肌のつやが明らかに自分と違うのがわかります。10人に一人くらいは自分と同世代、もしくはそれ以上の女性もいて、勝手に同志!と思うのですが、なんだか周りから浮いて見えるんですよね。


「ここは私のいるべきお店ではない!」


と感じて、何も買わずにお店を後にしたのでした。

オシャレ番長たちに怒られる

220180122173022.png
アラフォー・ファッションふらふら その2 ~おしゃれ百貨店を前に敗れ去る~ ヒメノワ
というような話を「ほんとのヒメノワ」というオンラインサロン(というと聞こえはいいが、フェイスブックの秘密グループです)に投稿したところ、参加している同世代のオシャレ番長たちからさんざんたたかれました汗


「あそこは若い子向けショップしか入ってないから、素材もチープで、丈など微妙なものが大半かと」
・・・確かに私がいるべき感がないのは、ひしひしと感じました。


「とりあえず4階へ!」
・・・4階は高いブランドというイメージが先行して、チェックしておりませんでした。


「どういうコーディネートをしたいかをイメージしてから、しながらお買い物すれば大丈夫ですよ。ましてや品数も店舗数も多くて漠然と探していると場に飲み込まれて何も収穫なしの恐れがありますよ。見た目重視であれば、先ずはどんな風に見せたいか? それによってどんなアイテムを取り入れるか?」
・・・漠然と探して完全に場に飲み込まれましたああああ泣


「先にファッション誌でイメージだけ、こういうスタイルにできたらなぁという願望を5つくらい見つけておいて、それからイメージにあわせて予算内で店を見つけていくと最短かも!」
・・・うん、久しぶりにファッション誌を読んでみる。


ということで、出直すことになりました。結局どんな洋服を購入したのか、それはまた次回以降に・・・。


ヒメノワ編集長 それから株式会社 庄司桃子
2201710302001350.png

おすすめのinformation