大阪の美容専門学校を卒業するまでに掛かる学費の総額

「カリスマ美容師」という言葉をテレビ番組や雑誌で1度は見かけたことがあるでしょう。

2000年初頭から有名女優やモデルの専属美容師が脚光を浴びるようになり、それまで裏方として目立っていなかった職業でしたが美を作るプロフェッショナルとして注目されるようになりました。小学生が将来なりたい職業に毎年トップ10に入るほどで、今後も人気が続く職業といえます。美容師になるためには高校卒業後に、2年間美容専門学校に通う必要があります。

西日本を代表する大都市・大阪には2019年4月現在で、計52校の美容専門学校が存在しており全国各地から多くの学生が集っています。大阪の場合は昼間だけでなく夜間にも講義を実施しているところがあるため、さまざまなライフスタイルの方が入学できる良さもあるといえます。

大阪の美容専門学校に入学した際、入学金のほかに授業料・テキスト代・道具各種などの費用が必要ですが、その総額は約350万円です。どの学校も大差はなく入学金が約25万円、1年の授業料が約100万円・テキスト代が20万円・道具費用が30万円という内訳です。さらに合宿に参加をしたり、コンペに出場するにも別途費用が掛かるので概ね2年間で400万円は必要と見ておくのがいいでしょう。なお夜間コースの場合は授業回数が少なく、合宿や学園祭等への参加が義務付けられていないので2年間に必要となる学費が大幅に安くなるのが特徴です。金銭的な余裕がない場合は、夜間コースに入学して働きながら学ぶという選択肢もあります。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *