大阪の美容学校の授業の特徴

大阪だと、昔から歴史のある美容やエステティックの専門学校があり、規模も大きな学校があります。

こういった専門学校だと、とても広いフロアにずらっと施術台が並んでいて、一斉に生徒さんたちがそれぞれ施術する側とお客さんとしてのされる側の両方に分かれて技術の実習を行う、といった授業風景が有名です。こういった授業では、まるで本当のエステサロンかのような環境で実践的な接客や施術技術を体感的に身につけていくことができるのが魅力的といえます。

一方で、美容系の専門学校には少人数制に特化しているカリキュラムが売りとなっていることも多いです。少人数制だと、そのぶん講師の先生たちの目が行き届きやすいので、より細かな指導を受けることができるのが特徴です。このようなコースはネイリストの要請コースに多かったのですが、最近ではエステティシャンのコースに導入されているケースもあります。

なんだか美容系の勉強をするとなると、美しくてキラキラしたイメージがあるかもしれませんが、大阪にある美容専門学校の時間割の一例を見てみると、朝は9時半から、夕方は5時半までというわりとみっちりとしたタイトなスケジュールが組まれているなど、甘い気持ちではこなすことのでいないカリキュラムだと言い得るかもしれません。それはもちろん大阪でプロとしてやっていくには、厳しさを乗り越えることも一つの糧となることを表していますし、実際にお客さんの満足に接したら、がんばって良かったと想えるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *